川崎市の知的障害者共同生活介護・生活工房のホームページです。

知的障害者共同生活介護 生活工房

TEL 求人募集
TOP 施設紹介 生活工房の想い ご利用案内 広報誌紹介 スタッフ紹介 情報公開 お問合せ

ワーク・ハウス ひこばえ

施設紹介 メニュー 農業 工芸品

わーくはうす・ ひこばえについて

ひこばえとは、木の切り株から新たに出る新芽のことをいいます。そこから受け取るイメージは打たれ強いということ。長い人生を乗り切るには打たれ強くありたいという願いをこめての命名です。2008年4月、地域活動支援センターとして出発。工芸部・農業部・パン部の3部門。
2011年5月、ひこばえパン屋立ち上げ。
2013年4月より 就労継続支援B型に移行予定。利用者20人定員。

概要

住所 川崎市麻生区細山5-1-20
電話番号 044-281-3207   281-3208(Fax)  
利用定員 知的障害者20人。
アクセス 小田急線 読売ランド前駅より 徒歩15分。
読売ランド前駅から小田急バスの利用も可能です。

農業部

耕作地は麻生区栗木と岡上に、2か所あり、それぞれ土壌改良に取り組みながら無農薬・有機農法による野菜作りに励んでいます。

ハウスの中でのトマト作り。

水遣りには苦労します。

ジャガイモの選別作業。

  

工芸部


紡ぎの毛糸での機織り作業

羊毛からフェルトを作ります。

フェルト作品のひとつ、指人形。

フェルトのおひな様、風車。

フェルト作品のひとつ、ブローチ。
 
ページトップへ